『シン・レッド・ライン』

 NHK BSPにて途中まで鑑賞。

  • 「芸術」かぶれのナイーブで高慢な映画青年か、それと同等な人間の書いたシナリオ。もう二度と脚本に手を出さないで欲しいが、テレンス・マリックの名は記憶したからまあどうでもいいか。

20点/100点満点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください